看護師として外来勤務への転職をお考えの方にポイントでまとめました

看護師転職サイトの上手な活用法 > 外来勤務への転職で必要な知恵

外来勤務へ転職をした場合どのような職務内容になるのか

外来勤務の看護師はどんな働き方をしているか

 看護師の方が病院へ転職する際には、その診療科目によって求められる知識が異なってきます。医療機関には非常に多くの診療科があり、現在ではその各分野が細分化されている為に、転職先で必要とされる基本的な知識を把握しておく事が重要になります。ここでは看護師の方が外来勤務へ転職する際のポイントについてお話致します。

 先ず、外来で勤務するナースの方は初診の患者さまや、何らかの理由で通院してくる患者さまとの交流が必要になります。疾患や怪我などで病院での診察を受ける時に、基本的なケアを担当してくれるのが外来で勤務しているナースの方です。外来で勤務する看護師の方の仕事内容は、勤務先の診療科によって違いがあり、新たな勤務先で必要となる専門的なスキルは予めその診療科で必要とされるものを把握しておく必要がありますが、基本的なスキルはどの外来でも要求されるものです。基本的な職務内容としては、受付けや診察券の作成、問診、バイタルチェックに伴う検温、採血、血圧測定、ドクターの診察のや治療のサポートなどがあります。又、レントゲン撮影の準備や血液検査の実施など、各種の検査の準備や実施も必要です。

 又、外来勤務のナースの方は患者様への服薬の指導やカルテの処理などに伴う事務的なお仕事も必要となります。そして、外来勤務のナースの方は、診療の準備を整える為の作業や、大きな病院では病棟との連携などに関係する仕事にも従事する事になります。