看護師として放射線科で求められていることをまとめました

看護師転職サイトの上手な活用法 > 放射線科への転職で必要な知識

放射線科ではナースはどの様な働き方をするか?

放射線科での看護師としての働き方の特徴とは

 看護師の方が転職を行う際には、その希望部署や医療機関の種類を的確に把握しておく必要があります。転職先によっては、これまでに職務で培ったナースとしての知識では対応できない場合もある為に、予め要求される知識や技術を確認しておく事が重要になります。このようなナースの方に専門性の高い知識が要求される勤務先としては放射線科があります。

 ここでは看護師の方が放射線科への転職で必要とされる知識についてお話致します。先ず、ナースの方が行なう放射線科での職務には、各種の医療機器を用いた画像の撮影に伴う職務があります。この部署では治療のためにレントゲン画像が必要になったり、コンピュータを用いた三次元の断層画像の撮影が必要であったり、特殊な電磁波を用いた画像を準備したりします。ナースの方はこの勤務先で治療で必要となる画像を作成し、その治療の診断を行なう事を補助することになります。この特殊な画像の診断は、担当のドクターや専門医が行なうケースがありますが、ナースの方はそのサポートに携わります。

 又、この勤務先では放射線を用いた治療を行う事も必要で、がんの治療で多種多様な放射線を用いて患者様の治療を行ないます。この放射線科という勤務先で働く看護師の方の仕事の内容は、各種検査やを患者様の検査におけるケア、医療機器の準備、検査に関する説明など広範囲にわたります。このように放射線科というナースの方の勤務先には、このような特徴があります。